■ 代表者のご挨拶
■ 企業理念
■ 環境方針
■ 会社概要
■ 沿革
■ 事業概要
■ アクセスマップ
 
 

沿革  日本グランデグループのあゆみ

2003年4月(平成15年) ・日本グランデ株式会社(資本金1億円)を設立
・日本グランデ株式会社一級建築士事務所(北海道知事登録(石)第4881号登録)を開設
2003年5月(平成15年) 宅地建物取引業免許(北海道知事石狩(1)第6886号)取得
2004年7月(平成16年) 環境マネジメントシステム規格ISO14001認証取得
2004年8月(平成16年) 自社分譲マンション「グランファーレ」シリーズを販売開始(第1号/グランファーレ円山公園南)。マンションブランド名「グランファーレ GRAND FARE」発表
2004年9月(平成16年) ・北海道初の外出先から携帯電話でお風呂が沸かせたり、エントランスのお客様と通話が
 できる「テレコントロールシステム」をグランファーレシリーズに導入
・北海道初の炭の効果で、室内の空気環境を整える「炭パワークリーンシステム」を開発。
 グランファーレシリーズに標準装備
・マンションに多彩な共用施設を企画
・グランファーレシリーズに自由設計プラン[G-FLEX]を採用し、こだわりが活きる
 特別な空間を提案
2004年10月(平成16年)   ・天然温泉大浴場(スパテルメ)付の分譲マンション(グランファーレ旭ヶ丘)
 [温泉監修 松田忠則氏]を企画
・分譲マンションプロデュース物件第1号(ミリオン山鼻中央/設計・監修・販売受託)竣工
2005年4月(平成17年) 損害保険代理店業務開始
2005年10月(平成17年) ・北海道初の携帯電話(おサイフケータイ)が鍵になる「Felica非接触IC玄関錠システム」
 を導入(第1号/グランファーレFOREST北16条)
・携帯電話から「玄関扉の鍵を確認/施錠」、「リビングの照明器具のON/OFF」、
 「エアコンのON/OFF」 外出中でもエントランスの「来訪者との会話」や家族の
 「帰宅メール通知」が可能なシステムの導入(第1号/グランファーレFOREST北16条)
2006年2月(平成18年) 賃貸マンションプロデュース物件第1号(11条ハイム/設計・監修)竣工
2006年12月(平成18年) 建設業許可(北海道知事許可(特-18)石第19392号)取得
2007年4月(平成19年) マンション管理業を目的として、弊社100%子会社「グランコミュニティ株式会社」を設立
2007年7月(平成19年) ・東京都港区虎ノ門4丁目3番1号城山トラストタワー27Fに「日本グランデ株式会社
 東京支店」開設
・子会社グランコミュニティ株式会社においてマンション管理業者(国土交通大臣(1)
 第013094号)登録
2007年9月(平成19年) ・宅地建物取引業免許(国土交通大臣(1)第7575号)取得
・寒冷地初の水抜き忘れによる凍結事故防止ができるマンション用「バルコニー不凍
 散水栓」(特願2006-66853登録)取得。グランファーレシリーズ標準仕様
2008年3月(平成20年) 北海道初、マンション共用施設に「天然岩盤浴」施設を企画(第1号/グランファーレフォートレスゲート新札幌レジデンス)
2009年4月(平成21年) マンションの共用施設に「北海道二股ラジウム温泉のジャグジースパ」を企画(第1号/グランファーレ東札幌ロワイヤル)
2009年10月(平成21年) 社会法人全国住宅建設産業協会連合会/第43回全国大会優良団地表彰受賞(グランファーレフォートレスゲート新札幌レジデンス)
2010年3月(平成22年) ・マンションの共用施設に焼き立てパンのベーカリーショップを企画
(第1号/グランファーレ札幌伏見レジデンシャルスイート)
・渓仁会グループのサポートにより、メディカルサポートサービス[人間ドック無料・医療
 介護サポート]をマンションに企画(第1号/グランファーレ札幌伏見レジデンシャル
 スイート)
2011年6月(平成23年) 万が一の災害に備え、食料や各種の防災用品をマンション内の備蓄倉庫に導入。[25年長期保存できるサバイバルフーズ、手動式浄水器、非常用マンホールトイレ、インバーター発電機、非常災害用の防災備品等](第1号/グランファーレ札幌菊水グランデュール)
2011年10月(平成23年) マンションに無料で使用できる電気自動車を導入(EVカーシェアリング導入)予約・キーの受け渡しはIC認証宅配キーサービスを利用。電子自動車対応スタンドも設置(第1号/グランファーレ栄町プレシアヴェール)
2012年1月(平成24年) 大地震など万が一の災害に備えエレベーター用防災キャビネット導入。[非常用食料・飲料水、簡易トイレ、医薬品、ラジオ、ブランケット、ライト等](第1号/グランファーレ札幌菊水グランシェール)
2012年5月(平成24年) ・携帯(ガラケー)からスマートフォンが鍵になるシステムに進化。外出先からスマート
 フォンで我が家をリモートコントロールできるモバイルセキュリティに対応
・RC戸建住宅分譲およびリフォーム事業を目的として、弊社100%子会社「グランホーム
 株式会社」
を設立
2012年6月(平成24年) ・子会社グランホーム株式会社において、宅地建物取引業者免許(北海道知事石狩(1)
 第7953号)取得
・グランファーレオリジナルの景観をワイドに愉しめるパノラマビューウインドウ採用の
 アール(流線型)サッシュガラス(意匠登録第1443642号)意匠登録取得
2012年8月(平成24年) ・子会社グランホーム株式会社において、建設業許可(北海道知事許可(般-24)
 石第21281号)取得
・北海道初の次世代エネルギー[太陽電池]と[リチウムイオン蓄電池]を搭載した「太陽光
 発電システム」付のマンションを企画(第1号/グランファーレ札幌山鼻ロワイヤル)
・マンション共用施設に古代ローマ式浴場様式サウナ「アロマテルマリウム」を企画
・ダイアパレス東札幌アクティオ(賃貸レジデンス)取得
2012年9月(平成24年) RC3階建住宅「エステティカ」シリーズを販売開始。RC住宅ブランド「エステティカ ESTETiCA」発表
2012年12月(平成24年) マンションに無料で使用できる電動スクーターを導入(電動スクーターシェアリング導入)予約・キーの受け渡しはIC認証宅配キーサービスを利用(第1号/グランファーレ札幌ステーションプラザ)
2013年2月(平成25年) 北海道初、分譲マンションにスマートHEMSによるエネルギーマネジメントシステム
 (第1号/グランファーレ北24条ステーションサイド)導入。
2013年3月(平成25年) 空気をきれいにする「炭パワークリーンシステム」(特許第5226362号)特許取得
2014年5月(平成26年) ・第二種金融商品取引業(北海道財務局長(金商)第43号)登録
・マンションのバルコニー掃除の際、水が流せる寒冷地用「水跳ね防止カバー」(実用
 新案登録第3191280号)実用新案登録取得。グランファーレシリーズに標準装備、
 グランコミュニティを総販売代理店として販売開始
2014年7月(平成26年) ・不動産投資顧問業(国土交通大臣一般-第1194号)登録
・賃貸住宅管理業者(国土交通大臣(1)第3410号)登録
・日本環境認証機構ISO14001/10年継続賞
2014年11月(平成26年) ・シルバーレジデンス「メローライフ中島公園」を取得
・注文住宅「プレシアシリーズ第1号」RC造の家 竣工
2014年12月(平成26年) ・グランファーレシリーズ管理戸数1000戸達成
(管理会社:グランコミュニティ株式会社)
・サービス付き高齢者向け住宅ブランド名「グランウエルネスGRAND WELLNESS」発表
・サービス付き高齢者向け住宅「グランウエルネス」シリーズの事業運営開始(第1号/
 グランウエルネス中島公園天然温泉翡翠楼)源泉「天然温泉エメラルドの湯」
 泉質[ナトリウム塩化物泉]施設管理・運営
2015年2月(平成27年) サービス付き高齢者向け住宅「グランウエルネス山鼻」竣工
2015年7月(平成26年) 北海道のマンション初、ドイツの伝統的な温泉療法「バーデプール」を企画(第1号/グランファーレ伏見アクアスプリングス)
2015年9月(平成27年) サービス付き高齢者向け住宅「グランウエルネス円山桜通り」竣工
2016年1月(平成28年) サービス付き高齢者向け住宅「グランウエルネス菊水」竣工

2017年1月(平成29年)
・空気をキレイにする「床下チャンバー式」炭パワークリーンシステム
 (特許第6068013号)特許取得
・札幌商工会議所が主催する北の企業家表彰「奨励賞」を受賞
2017年6月(平成29年) グランファーレシリーズ初の大規模修繕工事完了(診断評価・設計・設計管理受託)グランファーレ円山公園南
2017年9月(平成29年) 北海道初、従来の郵便口や鍵をなくし、スマートフォンで扉が開くメールボックス×宅配ボックスが一体となった「コンシェルジュBOX 」をマンションに採用(第1号/グランファーレ平岸THEパークサイド)
2018年2月(平成30年) RC戸建住宅に不在でも便利な郵便ポストと宅配ボックスの一体型「宅配ポスト」導入。(第1号/エステティカ琴似)