エクステリア

相反する2つの要素をコラボレートする。Miyanomoriと宮の森、先進と歴史、都市と潤い、静と動・・・。宮の森の新しいスタイルを形づくろうとしています。あらゆる境界線を超越して自由な表現を遊ぶ、楽しむ、Dual Feelingな感性がここに確立します。

宮の森に静謐を纏う邸宅、誕生。

歴史と伝統が交差する邸宅街として知られている“宮の森”。
杜の潤いを身近に感じながら、通りから一歩奥に入った落ち着いた空気に包まれて暮らす歓び。
そして理想的な住まいの上質さを求めて、美意識の高い感性に応える、安らぎに満ちた佇まいを目指しました。
邸宅街の街並みに調和して美しいハーモニーが生まれるように、
アースカラーを主体にボーダータイルなどの質感のある高品位タイルをバランスよく配置。
豊かさとアトリエで育まれているように、心地良い時間が醸成されていきます。

GRAND FARE 宮の森四季の杜 貴賓の系譜に彩られた静謐を纏う邸宅

ユーロ・スタイルの美しいフォルム

ユーロ・スタイルの
美しいフォルムは、
51家族の誇りの象徴。
そして、揺るぎない
街の財産となります。

豊かな開放感と
眺望を享受する卓越したフォルム。

それは、愛される街にあるか。
街並みに映える、美しい景観を有しているか。
可能性を追求した、空間哲学はあるか。
日々の暮らしを愉しむための、思想やアイデアはあるか。
使い込むほどに愛着が深まっていく設備はあるか。
安全性は、安心感は…。
子の世代、孫の世代になっても、
語り継がれていく邸宅としての資質。
すべての条件を満たして、ここに。
グランファーレ宮の森コートハウス 四季の杜。

  • Architectural beauty of artistic Europe
  • Architectural beauty of artistic Europe

ヨーロッパ建築の気品漂う
存在感のある外観意匠で誕生。

外壁は、太陽や青空に映え、周囲の街並みとも美しく調和するサンドベージュカラーの磁器質タイルをベースにし、
ダークブラウンで上品なアクセントを加えました。
建物の随所に、ヨーロッパ建築のデザイン・モチーフが活かされていることも大きな特徴。
時の流れに磨かれて、なお輝きを増していくヨーロッパの建築物。
その根底には、建築は街の景観美を創造することであるという確固とした思想が息づいています。

豊かな自然に育まれた穏やかな邸宅街、宮の森に誕生。次世代へのVISIONを鮮やかに描ける街に佇む幸福。未来に向けて、家族の笑顔がもっともっと輝く暮らしを、この「宮の森」の街とご一緒に。

ヨーロッパ建築の気品漂う存在感のある外観意匠で誕生。

欧風建築の美学を求めて。
迎賓と安らぎの日常へ、
ようこそ。

ヨーロッパ建築の持つ様式美や普遍性、品格を継承し、
さらに独自の発想と技術で、新しい居住スタイルを創造すること。
私たちがお届けする「グランファーレ宮の森コートハウス四季の杜」には、常にこのコンセプトが息づいています。
合理性や流行だけに左右されず、都市景観と融合する上質な美しさを、その佇まいは雄弁に語ります。

  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築
  • ヨーロッパ建築

Collaborate With Italy

格調とモダンが
調和する憧憬邸宅。

伝統を感じさせる作品は、時を超えてもなお、その輝きを増すもの。そして、いつの時代においても瑞々しい感性と響き合う。
この歴史ある「宮の森」の地に建つ『グランファーレ宮の森コートハウス 四季の杜』は、
どこまでも気高く、いつまでも愛され続ける住まいを目指します。
外観は直線と曲線のコントラストを取り入れたデザインを採用。直線が創るシャープで凛とした表情と、
曲線が描く柔らかなアクセントが存在感を際立たせ、その調和がこの地に溶け込み根付いていきます。

格調とモダンが調和する憧憬邸宅