エコロジー&エコノミー

エコバリュー

構造・品質管理

安全性を極めるために
構造・設備・設計から考え直す。

目に見えない基本構造だからこそ
信頼されるマンションづくりを追求。

生涯の暮らしを包み込む建物には、頑固たる安全性を。暮らしの器となる住戸には、多彩な生活スタイルに幅広く対応する個性を。日々の暮らしをサポートする設備には、便利さと機能性を。日本グランデのマンションは、ハード・ソフトの両面から真の快適さを追求しています。よりご満足のいただける住まいとなるために。その満足感を末永く維持し、心豊かな暮らしを育んでいただくために。日本グランデはきめ細やかな気配りで、さらなる居住性アップを求め続けます。

綿密な地盤調査
1
綿密な地盤調査

どんなに強固な上部構造を持っていても、確かな強度の支持基盤と一体となった的確な基礎構造がなければ、本当の建物強度は発揮できません。日本グランデでは、地盤調査に際し、通常の標準貫入試験(N値)に加え、地質データからの液状化のシミュレーションなど、より詳細な検討を加えた上で基礎工法、構造の検討を行います。

二重に鉄筋を配したダブル配筋で高い構造強度
2
二重に鉄筋を配したダブル配筋で高い構造強度

壁の鉄筋を格子状に組む際、壁の厚さと部位に応じて二重に組むダブル配筋と千鳥状に組む千鳥ダブル配筋で施工。高い強度・耐久性を備えています。

柱状地盤改良工法
3
柱状地盤改良工法

支持地盤が深い場合、基礎部分のみを単純に深くすることがありますが、建物構造上は不経済になりがちです。グランファーレ宮の森 コートハウス四季の杜では、支持層まで杭状(柱状)地盤改良を行い、長期に建物の重さを伝えて、建物の安定に寄与するという最新の工法を採用しています。

建設現場での品質管理
4
建設現場での品質管理

〈高品質の維持のために〉
完成してしまうとコンクリートの品質の良し悪しは外見からではわかりません。そこで大切なのが建設現場での品質管理です。基礎工事の段階から監理者による、配筋の確認等の各種検査、受入検査や圧縮強度試験等の試験結果の確認など厳しいチェックを実施。目に見えない部分の品質の維持に努めています。

遮音性に配慮した排水竪管とパイプスペース廻り
5
遮音性に配慮した排水竪管とパイプスペース廻り

水まわりの遮音効果を高めるために、居室に面するパイプスペースの壁はプラスターボードを二重貼りとし音漏れを緩和しています。

強度コンクリートの供用限界100年
6
強度コンクリートの供用限界100年

「グランファーレ宮の森 コートハウス四季の杜」ではコンクリートの耐久設計基準強度24N/㎟以上を採用しています。これは、1㎡で2400トンもの圧縮力に耐える強度を表し、構造体の大規模補修なしで約65年、大規模な補修が必要となる供用限界期間として約100年の耐久性が認められています。別項のかぶり厚さの確保と相乗して、建物の長寿命化を図っています。

コンクリート躯体の保護対策
7
コンクリート躯体の保護対策

①タイルによるコンクリートのガード。(一部)コンクリートは風雨にさらされると、化中の鉄筋が錆びてしまい躯体の劣化を招きます。「グランファーレ宮の森 コートハウス四季の杜」で採用されている外壁の磁器質タイルや吹付タイルはコンクリート躯体をしっかりガードし、寿命を延ばす重要な役目を担っています。

②誘発目地によるひび割れ対策。
外壁の要所にはあらかじめ躯体に目地を入れて、熱による外壁の収縮によるひび割れを誘発させて、その他の部分でのひび割れを抑制します。この誘発目地部分はシーリング材が打たれ、漏水による事故を未然に防ぎます。

「③開口部のクラック防止補強と外壁の増打。「グランファーレ宮の森 コートハウス四季の杜」では、もっとも構造クラックの発生し易い開口部の4隅に補強筋を充分に入れると共に、外壁部分はすべて建築基準法の基準よりコンクリートを10mm以上厚く増し打ちして耐久性の向上を図っています。

遮音性に優れた直貼フローリング+スラブ工法
8
遮音性に優れた直貼フローリング+スラブ工法

「グランファーレ宮の森 コートハウス四季の杜」では、厚さ約180mm以上のスラブを採用しました。小梁を設けずことにより振動が発生しにくくなっております。また、遮音性の高いフローリングと組み合わせる事で快適さを高めています。

外壁部分(内壁)は、高い断熱・結露対策のGL工法を採用
9
外壁部分(内壁)は、高い断熱・結露対策のGL工法を採用

「グランファーレシリーズ」の外壁は寒気・熱気を遮断する二重構造のGL工法を採用しています。外壁に面する内壁には、厚さ60mmの硬質発泡ウレタンフォームを施工し、最下階スラブ下には厚さ50mmの硬質発泡ウレタンフォームを吹き付けることで断熱対策を施しています。また、配管等のメンテナンスに配慮した地下ピットの採用は、地面からの湿気等による影響を受けやすい最下階スラブが直接土に接しないため、断熱性能を高めるうえでも効果を発揮します。太陽の熱に常時さらされることで、より高い断熱性能が求められる屋根スラブ下には、厚さ60㎜の発砲ウレタンを施しています。(一部)

地下ピットの断熱
10
地下ピットの断熱

土から冷気等もシャットアウトするために最下階の床のスラブ(コンクリート)の下にも、ポリスチレン系断熱材などを採用。断熱効果を高めるとともに、結露対策としても効果を発揮します。また、最下階のスラブ下と地面の間には、配管等のメンテナンスのための地下ピット空間があるため、土からの湿気などの影響を直接受けにくくなっています。

屋上の外断熱
11
屋上の外断熱

屋上は、建物の部分で最も直射日光・雨水・雪の影響を受けやすく、過酷な気象条件にさらされています。そこで外気の影響から守るために、屋上スラブコンクリートの上を優れた断熱性能ある材料で覆って、躯体の劣化の軽減に努めています。最上階は、断熱材を屋上のコンクリートスラブの外側に50mm、その上に、アスファルト防水を施した外断熱方式を採用。屋上外断熱方式は防水性、耐久性、耐紫外線性、遮熱性、省エネルギー性に優れたシステムです。さらに、室内の天井は二重とし、コンクリート下は約60mmの断熱材を設けるW断熱方式も採用でさらに断熱性を高めています。

低層レジデンス[壁式構造のメリット]
12
低層レジデンス
[壁式構造の
メリット]

壁式構造のメリットは住戸内に梁や柱がないことで、すっきりとした空間になることがまず挙げられます。それによって、家具も綺麗に配置しやすくなります。また、壁式構造の壁は耐力壁となるためより厚みがあり、それによって防音・遮音性や断熱性が高くなることも魅力となります。壁と床・天井で構造をなる建物は耐震性に優れているということが、過去の地震の際にも照明されています。※一部プランではダクトで下がり天井が出る場合がございます。予めご了承ください。

「誰もが安心できる住まい」を目指して品質管理体制を強化。
厳しい自社基準に基づく確かなクオリティ。

構造専門スタッフが現場にて目で確認見えない部分もカスタマーに開示

企画設計部のもう一つの大きな仕事が監理業務です。設計図面の綿密なチェックに加え、建設現場に出て配筋やコンクリートの検査などを実施している。カスタマーは躯体工事の進捗状況を日本グランでのホームページでも見ることができます。専門性が高い部分ではあるが、企画設計部ではできるだけカスタマーに分かりやすく確認できるようにしています。

施工時にはもちろん、建設中にも技術スタッフが現場に出向き厳しくチェックしている。(グランファーレ札幌幌西レジデンスにて撮影)

構造専門スタッフが現場にて目で確認

構造躯体の更なる向上を目指し第三者機関による現場検査実施

構造躯体の品質管理の強化を目的とし、日本グランデの目線のみならず、第三者機関による躯体性能評価検査を3回にわたり実施。コンクリート打設前の配筋や型枠の状況を実際に現場を目で見て確認。躯体工事における重点ポイントのチェックを行っている。

第三者機関による現場検査の様子

第三者機関による現場検査

住む人にこそ「安心・安全」を見せたい住まう方へ大きな安心感を提供

目には見えない基礎や内部構造。それゆえに、その品質への責任は重く、どう取り組んだかによって、品質の良し悪しが決まってくると言っても過言ではない。日本グランデでは、通常、接客の場に出る機会が少ない企画設計担当者が、住宅性能説明会や構造説明会などに積極的に参加している。。実際に住む方を思い浮かべることにより、自然と監理も厳重になる。

断熱材施工状況検査。居住性を左右する断熱材は、「住宅性能表示制度」の評価機関で特に厳しくチェックされる項目の一つ。住戸内の壁の複数箇所にピンを刺し、その厚さを厳重に確認する。

大きな安心感を提供

明確に一線を引き、客観的な目で厳しくチェック

建設会社とは、一貫性を整えながら、明確に一線を引き、チェックする体制は更に厳しく日本グランデ側の施工監理専門のスタッフが何度もさまざまな角度から品質をチェックしながら、時には建設会社と意見をぶつけ合いながら厳格に品質を追ってゆく。そのチェックの現場にはいつも緊張感が絶えない。

明確に一線を引き、客観的な目で厳しくチェック

オリジナリティを守るための一貫体制。
妥協しない品質管理。

完成してからでは見ることのできない、建物の内部構造や
細かな作業内容を確認することができます。

工事の進捗状況は、「工事施工通信」でしっかりご報告します。

設計から引渡しまでの検査等の流れ
エコバリュー

構造・品質管理