K様がリビングダイニングに選ばれたのは、スペイン製のややボリュームある角型の麻布シェードのシーリングライトをリビングのポイントに。ダイニングも同じデザインの長方形のペンダントを選ばれました。
照明コーディネイトされた照明プランナーの三原氏に伺いますと、食卓上のペンダントは料理を美味しく見せるだけではなく、テーブルを囲んでの家族団欒や、時にはそこで新聞や雑誌を見たり、あるいは、バーのような雰囲気を醸しだすそうです。

 
       
 
   
       
         

K様は和室も柔らかな明かりの手もみ風和紙シェードの器具を選ばれました。三次曲面がシンプルながら柔らかな明かりを生み出し、内装材とインテリアとの調和を高めます。