宮の森に暮らすということ。

美しき四季を抱く
第一種中高層住居専用地域に
低層レジデンス誕生

「グランファーレ宮の森
コートハウス四季の杜」

私たちは低層の良好な住環境を守る地域、第一種中高層住居専用地域の魅力ある宮の森エリアの敷地と出逢うことができました。この機会を得て、札幌市中央区内の第一種中高層住居専用地域でこれまでの低層住宅では実現できなかったプライベートガーデンや、多彩な共用施設とフロントサービスもご用意して、これまでにない低層レジデンスによる街創りを行います。

北海道が憧れる「宮の森」、
その中枢に。
移りゆく季節が織りなす、
豊かな自然美を誇る四季の杜「宮の森」。
この御苑より、手を取り合うように連なる
北海道神宮、円山の深き緑。
この地は喧騒あふれる
都市生活の中でも安らぐ別世界。
四季の歩みと同じ歩幅で緩やかに過ごす日々が、今始まります。

GRAND FARE 宮の森四季の杜 貴賓の系譜に彩られた静謐を纏う邸宅

歴史と伝統を受け継ぐ地に誕生 THE FIRST IMPRESSION

「宮の森」と言う地名はウインタースポーツにご熱心だった秩父宮殿下・高松宮殿下の来札を機に名付けられました。閑静な住宅エリアで明治4年に札幌神社(現北海道神宮)が建てられて以来、札幌市内でいち早く発展したのが宮の森・円山です。中心部にほど近く、交通の便が良いことでも人気を集めています。「宮の森」は藻岩山や盤渓が近く、冬のアクティビティにも最適なエリアです。交通機関はもちろん、車で15分ほど走れば盤渓スキー場がありますので、スキーやスノーボードをする方も多く住んでいます。また、大倉山シャンツェや本郷新記念札幌彫刻美術館などもあり、友人、家族で楽しめる環境も揃っています。「宮の森」エリアは教育環境の良さでも知られており、宮の森小学校、向陵中学校など、札幌市内有数の学校が揃っています。他にも、英語力に力を入れた円山アフタースクールや進学塾も多く集まっているほか、西28丁目駅周辺には医療機関や飲食店が集中。利便性の高いエリアです。
「宮の森」の住宅街から一歩外に出ると、そこには豊かな自然が広がる円山公園や、北海道一多くの参拝客が訪れる北海道神宮、子供から大人までが楽しめる円山動物園などがあります。特に円山公園については桜の名所としても知られていて、毎年ゴールデンウィーク頃になると地方から多くの花見客が訪れるほど。普段はウォーキングやジョギングを楽しんだり、愛犬の散歩コースになっていたりと、住民たちの憩いの場となっています。

あなたの暮らしがここで変わります。

Security System スマートフォンが鍵になる、
次世代セキュリティシステム
ITスマートマンション。

遠隔操作でひろがる、快適、便利な暮らし

遠隔操作でひろがる、快適、
便利な暮らし

外出先からスマートフォンを使って玄関ドアの鍵の「確認」や「施錠」を実現するほか、来訪者の確認や不審者の侵入、住戸内の異常も確認できます。帰宅のタイミングに合わせて床暖房のON-OFF、お風呂のお湯張りなどが操作できます。鍵の閉め忘れの無い生活で家族の時間を、より安全に、安心に、そして上質に。

次世代スマートセキュリティシステム

次世代スマートセキュリティシステム

「スマートフォン」もしくは「ICカード」、「ノンタッチキー」を持つ居住者と、居住者に入館を許可された来訪者以外は、マンションへの入館もエレベーターの利用もできない、極めて防犯性の高いセキュリティシステムです。

充実のコミュニティを楽しむ。
日常をトータルにサポートする多彩な共有施設が揃いました。

100インチ大画面の臨場感ス&通信カラオケルーム

  • 最新マシーンを備えたフィットネスジム 最新マシーンを備えたフィットネスジム
  • 屋上庭園「スカイガーデン」バーベキューコーナー 屋上庭園「スカイガーデン」
    バーベキューコーナー
  • 新しいライフスタイルに応える共用テレワークルーム 新しいライフスタイルに応える
    共用テレワークルーム
  • ペットとの楽しい暮らしのためにグルーミングルーム ペットとの楽しい暮らしのために
    グルーミングルーム

永住にふさわしい
ホスピタリティ。
フロントコンシェルジュ
サービス。

永住にふさわしいホスピタリティ。フロントコンシェルジュサービス。

永住にふさわしいホスピタリティ。
フロントコンシェルジュサービス。

忙しい日々をバックアップするサービスから、安らぎのひとときを提供するもてなしのサービスまで。
「グランファーレ宮の森コートハウス四季の杜」は、永く快適に暮すための都市生活を考えた、コンシェルジュサービスをご用意しています。

お届けしたいのは、ヨーロッパの様式美を継承する新しい心地よさ。

お届けしたいのは、
ヨーロッパの様式美を継承する新しい心地よさ。

ヨーロッパでは、建造物は単に機能する空間ではなく、一つの芸術であるという考え方が古くから定着しています。建物の美しさは、街並みの美しさであると同時に、人々の生活の一部であり、日々の暮らしと一体になっています。数百年の歴史を刻んできた重厚で繊細なそのデザインは、今も変わらぬ新鮮さを放っています。そして、これから100年先も輝きを失うことなく、人々の目を楽しませてくれるに違いありません。「グランファーレ宮の森コートハウス四季の杜」がこだわり続けるユーロデザイン。本物だけが持つ上質なディティールを暮らしの中に採り入れました。暮らし続ける大切な佇まいだから、そこには普遍の価値を求めたい。ヨーロッパ建築の持つ魅力と住まいづくりのフィロソフィー。「グランファーレ宮の森コートハウス四季の杜」は、パリに建ち並ぶ美しい建物をベースにデザインされています。 お届けしたいのは、ヨーロッパの様式美を継承する新しい心地よさ。

ヨーロッパの感性が息づく迎賓の思想。それは宮殿のような聖なる邸宅。

ヨーロッパの感性が
息づく迎賓の思想。
それは宮殿のような聖なる邸宅。

「グランファーレ宮の森コートハウス四季の杜」は、外観デザインコンセプトに、世界的なファッションの街として知られているフランス「パリ」で最も人気のある4つ星リゾートホテルをモチーフに時代を超えても揺るがない、優雅で格調高いヨーロッパ建築の様式美や普遍性や品格を継承し、街のランドマークとなる景観美を創出しています。
コンセプトはEUROPEAN GRACE。厳格な伝統、そして華やかな貴族文化が育んだヨーロッパのシャトー、華麗なフォルムで自然と優しく調和するサンドベージュ調の外壁タイル。エントランスホールは、天然石やテラコッタタイル、デザイン貼りされたTRAVERTINO GRANDEを敷き詰めてクラシカルな雰囲気を演出しています。住棟屋上にはドームを設置し、また重厚な天然御影石のエントランスアプローチやガス灯を思わせるデザイン照明、ドーマー窓なども採用しています。
流行を追うのではなく、ディティールに至るまで本物の上質を追求し、いつの時代にも人々を魅了してきたヨーロピアンテイストのデザインの数々は、永住を考える方々へ捧げる確かな結論となるはずです。

この稀有なる地には格別なる
品格と質を備えた邸が相応しい。

静寂と緑景が護られた“第一種中高層住居専用地域”の美しく四季を抱く宮の森低層レジデンス誕生

威厳と誇りに満ちたエントランスは、まさに「迎賓館」を彷彿とさせる佇まい。

風格漂う外観美と贅をつくした
エントランスアプローチが
人を優しく出迎えてくれる。

高級住宅街として、高い人気を誇る中央区・宮の森。この立地は、末永く価値と快適さを描き続けるライフステージ。住戸からは四季折々の景観美と緑の潤いを感じ、凛とした空気はまさにここから生まれたと思えるほど、静寂さに満ち溢れた住環境。その住まいこそ、私邸と呼ぶに相応しい。

BEAUTY KNOWLEDGE ON− ヨーロッパから学んだのは、
デザインだけではありません。

ENTRANCE

時を経るごとに風格が薫りたつ外観意匠と贅を尽くしたエントランス。歴史のあるヨーロッパの建築が持つ普遍的な美しさ、そのエレガントな意匠性をモチーフに、より美しく、より印象深い建物を、その思いを「グランファーレ宮の森コートハウス四季の杜」は受け継いでいます。また、随所に配したオブジェクトが、ヨーロッパ建築さながらの雰囲気を盛り上げています。ヨーロッパ建築

新型コロナウイルス感染症予防対策マンション