来場予約はこちら

資料請求

物件概要モデルルーム

トップ > セキュリティ > エレベーター

エレベーター

毎日何気なく使うエレベーターにも、先進技術を投入した確かなセキュリティを。

※掲載絵図は本物件に採用されている構造・設備等をご理解いただくための概念・構造図です。また、設備・仕様に関する説明はメーカー資料及び一般的な表現を用いるため、使用状況や環境により効果は異なりますので、予めご了承ください。
※各社のおサイフケータイ対応スマートフォンで玄関錠システム対応機種についての詳細は、担当者にご確認ください。

エレベーター内には、最新の安心機能を搭載。基本性能を高次元に進化。

今、エレベーターに求められる機能性、省スペース、省エネルギーなどの必要条件は当然備えながらも、あくまでも快適・安全・安心といった基本性能を高次元に進化させ、更なる成熟を追い求めました。建物と一体化する新コンセプトデザイン、さらにドア周りや万一の災害に備えた安全対策の強化など、新しいモデルを採用しました。

地震時管制運転装置付エレベーター

エレベーターには密室化による危険を防ぐよう防犯窓を設置すると共に、1階乗場には液晶モニターが設置され、降りてくるエレベーターの内部の様子が事前に分かるように配慮されています。
地震時には設定条件以上の揺れを検出(S波感知器)すると走行中のエレベーターを直ちに最寄階に停止させてドアを開く「地震時管制運転装置」に加え、万一停電しても内蔵バッテリー電源で救出運転し最寄階に自動停止させる「停電時自動着床装置」のほか、火災時にも救出運転を行う「火災時管制運転装置」も装備されていて非常時にも安全に避難が行えるよう万全の用意がなされています。

ウェイビック-P(P波センサー付地震時管制運転)ウェイビック-S(地震時管制運転)

地震は、まず初期微動(P波)が起こり、その後破壊力のある本震(S波)が襲ってきます。このP波をいち早くキャッチして、エレベーターを最寄階に速やかに着床させ、ドアを開くことで、安全性を一段と向上。
もし本震が小さい場合には、自動的に通常の運転に戻ります。

エレベータードア前のセキュリティ

※掲載絵図は本物件に採用されている構造・設備等をご理解いただくための概念・構造図です。また、設備・仕様に関する説明はメーカー資料及び一般的な表現を用いるため、使用状況や環境により効果は異なりますので、予めご了承ください。
※各社のおサイフケータイ対応スマートフォンで玄関錠システム対応機種についての詳細は、担当者にご確認ください。

  • ITホームセキュリティ
  • IT対応
  • モバイルセキュリティ
  • エレベーター


ページ上部へ戻る

詳しくはこちらから

携帯電話スマートフォン専用サイトはこちらから